ゴルフ会員権の売買について

ゴルフ会員権の売買について

私はゴルフ会員権の売買と言うシステムを知りませんでした。

よく行くゴルフ場の会員権を購入しておいたら、格安でプレー出来るとか予約優先になるとかまた競技会にも出場資格が得られるとかいう特典付でございます。

ゴルフをよくやっているおじ様には必要かもしれませんが私には全く必要はございません。

ただ一般の人よりも優位なことが唯一のメリットではないでしょうか。

しかも大好きなコースがあるそのゴルフ場の会員権を持っているということでもしかしたら良いプレーも生まれるのではないかと思ってしまいます。

ゴルフ会員権には3つの種類に分かれます。

1つ目は預託金制、2つ目は株式会員制、3つ目は社団法人制でございます。

いずれにせよ、ゴルフにお金を使える社長クラスの人にしか必要のない会員権であると思います。

それを売買するという仕組みでございます。

ゴルフ会員権はインターネットから申し込み、退会するものでございます。

それは人権費用をかけずに運営する、つまり会員になる人にも最低限の出費で済むのです。

ゴルフ会員権を持つメリット

ゴルフ会員権を持っていると人数を集めなくてもゴルフ場に行けば会員同士でコースを周ることが出来ます。

ゴルフ会員権を持っている人はゴルフの上手な人であること間違いなしですから、人数を集めて下手な人が混じっているよりも上手な人とやった方が自分のゴルフも上達するので良いかと思います。

一度知らない人と当たっても、次からは知り合いになり仲間も増えるのでなかなか良い傾向でございます。

豊かなゴルフライフを満喫出来て心が満たされます。

ゴルフ会員権の売買方法

充実感で満ち溢れております。

自分の経営している会社もうなぎのぼりでございます。

こうなったら良いですよね。

こんな世の中にしたいですよね。

会員権を売買する動きがもっともっと活発になれば良いですね。

ただ費用が結構かかるということが、会社を経営する社長クラスしか入会できないデメリットでございます。

やはり裕福でゴルフがある程度上手な人がいて、ゴルフ会員権が売買される、ということが増えれば日本の経済も少しは良い方向に行くのかしらと思います。